フォトアルバム

  

  • Blog内検索

Twitter

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2016年11月21日 (月)

2016年11月度 FROG霞大会 最終戦

早いもので今年のFROG霞大会も最終戦。

今年はそんなに成績よろしくないので「最終戦ぐらいは」と気合いを入れて参加。

集合は遅めの5:30
前日に気温がかなり下がったとのことだがそんなに条件はわるくない。
たぶん「大場所でバスが溜まりやすいところがいいかな」と思い
最初のポイントは別名バスの朝ごはん場所と言われているところへ。

Img_1504
画像を拡大してみてもらえばわかると思うが生命感満載!
いたるところでボイルしている。

ってか・・・ボイルしすぎている・・・

「これはルアー見向きもしないかもしれないなぁ・・・」と思いながら
スキマーをキャストしては高速リトリーブを繰り返すと・・・

ごぼぉ!

でた!乗った!ジャンプした!・・・さようなら・・・(沈)

ジャンプ一発フックアウト・・・無念である。

その後、ほどなくしてフィーディングタイムを終わったので場所移動。

Img_1505
出発前に群馬チームに「今日は邪魔しに行くぞー!」って伝えていたので(笑)

到着すると既に群馬チーム釣ってるとのこと!!
「むらさーん、ガズル使えば下からバスでますよー!!」との言葉を信じて
ガズル引きまくり・・・なにも出ない・・・。

あまりにも出ないのでスキマーコアファイターに変えてテトラを探っていると
ギルか、超子バスらしいチェイスが2発・・・乗らない・・・。

途中、バスボートに乗った女子2名が現れたので雑談。
「トップですかー!かっこいいですねぇー!男らしいです!」の言葉で
テンションupしたものの・・・バスからの反応はゼロ。

10時集合と早いストップフィッシングだったのでそれ以降他の場所にはいかず
同じ場所で粘ってみたものの・・・ノーフィッシュ。

釣って帰ってきたのは25名くらいかな?
ちょっとだけいつもより少な目・・・はやり時間が短かったのが原因かな?

Img_1506
で、優勝はいつもお世話になってるTOMくん。
かなりの頻度で釣って帰ってくるから相当の手慣れなのである。

確かぶーちゃんも3位だったかな?
技ありの釣果で見事に最終戦を飾っていたなぁ。

ということで今年の大会もこれで終了。
今年はちょっと厳しかったね、3匹・2戦だったかな・・・俺が釣ったのは。

ある程度、ポイントは知ってるしただ釣るだけなら何とかなるけど
今年は勝てる魚を中心に狙っていたので・・・まだ腕がないってことだなぁ・・・。

Fullsizerender
上の画像は今回の参加賞&アリバイルアー

これはビートローラーヘラクレスなんだが・・・何カラーだろう?
ワンピースのキャラだってことは理解しているが・・・ふむ。

 

さて、また来年も盛り上がるぞ!

2016年11月 1日 (火)

eoblog3月末にてサービス終了

愛用しているeoblogが3月末で終了するという発表があった。

発表内容はこちら ⇒ ここをクリック

過去の記録をみると現在の形で俺がeoblogを使い始めたのが
2008年7月からで、それ以前の関西どっとコム時代から数えるともう何年になるのだろう?

寂しい感じもするがそれも時代の流れなんだろう。

Blogの時代はもう終わりを告げるタイミング・・・。

Blogを通じて多くの仲間ができたし、楽しい思い出もいっぱいある。
活動の場はFacebookやツイッターへと移行していくがBlogがあったからこそ
Facebookやツイッターでも楽しめていることは間違いない。

そういう意味でもBlogには感謝しかないのだ。

eoblogありがとう!長いことお疲れ様でした!!

3月末まで、あと少ししかないけどそれまでeoblogを楽しませてもらいます。

2016年10月21日 (金)

TOM'S GAZULL85 (トムズガズル85)

TOM'S GAZULL85 (トムズガズル85)

FROGというブランドはその裏側で多くのプロフェッショナルが支えている。
過去、カタログとかで何名か紹介されていたので知っている人もいると思うが
そんなプロフェッショナルの中で驚異的な造形技術をもった男がいる。

あのカエルっぽいルアーやセミっぽいルアー、あのルアーやそのルアー・・・
多くのルアーが彼のデザインであり、彼の驚異的な造形(削り出し)技術によって生まれている。

その名前は「TOMくん」

Fullsizerender
で、そのTOMくんが先日の大会で俺に
「むらさーん!これ削ってみたのでぜひ使ってみてください!!」
「カラーリングも練習がてら塗ってあるのでー!むらさんは使い倒してくれるのでー!!」と
渡されたのがこのルアーなのだ。

TOM'S GAZULL85とお腹側に書かれている事が
このガズルが只者ではないことを表している。

完璧なシェービング・・・全く隙がない・・・ふむ。

確か自宅が木工屋さんだったか、そんな感じだったので小さい頃から
木に慣れ親しんできたのだろう。

若いのにそのキャリアの長さは半端ないのだ。

Img_1439
このカラーリングはFROGの市販品にはないカラーリングだから
大会で使うと反則になるかなぁ・・・

TOMくんは「これ個人的に使ってくださいね!大会で使うときっとNGです!」って言ってたけど
TOMくんが削って作ってるんだからある意味FROGルアーってことでいいんじゃないかな?

ただ、それ以前の問題として荒井さんに「これ・・・」って見せた時点で欲しがるかもしれん(笑)
となると強奪されるかもしれん・・・(笑)

ここはひとつ実物は見せずにこっそり大会で使って釣った後に写真で見せることにしよう。。。

Img_1438
カラーリングは練習中って話していたけど、どうして、中々。
美しい仕上がりになっている。

申し訳ないがプロのビルダーでもここまで塗れてない人いるぞ。

フロッグスポットって言うんだっけ?
何となく毒ガエルチックなカラーリングでいい感じだぞ。

で、早速フックを装着していつものマンション前噴水池でスイムテストしてみた。

いい!!かなりいい!!

TOMくんのルアーは前から外れなしなんだがこいつはそんな中でも最高レベル。

ピンポイント性能150%up(当社比) ただ巻き性能120%up(当社比)

製品版がガズルと比べるとそれ位のパワーアップ感がある。

Fullsizaserender

TOMくんいいルアー作るなぁ・・・。

と、ここまでBlog書いておいて
「ん?Blogで紹介してよかったんだったけ?」と一瞬思ったけど
まっ、以前にWOOD TOM GUNDEENIも紹介したからよかろう・・・と(笑)

以前のWOOD TOM GUNDEENIの記事はこちら ⇒ クリック

ということで、11月の大会ではこいつででかいの釣っちゃうぞー!

^( ̄▽ ̄)^ぱたぱたぱたぱたぁ~

2016年10月19日 (水)

ZEAL ジタバタアライくん

釣り仲間でもある増渕くんからプレゼントされた。

俺がズイールを集めていることを知っていて、なおかつジタバタアライくんは
所持していないことを知った増渕くんがプレゼントしてくれたのだ。

「今は使ってないのでー使ってもらえる人の手元にあった方がルアーも幸せだと思うのでー!」と。

実に男気あふれる男なのである、もちろん!ガンガン使うぞ!

持つべきものは仲間である。

Img_1440
しかも2個!&親子!!

かわいいなぁ~。

で、このルアーは見た感じジッターバグのオマージュである。
使ってみた感じもなんとなくジッターバグの仲間。

実際のところはジッターバグよりピンポイント性能というか
ねちねち性能がアップしている感じ。

Img_1441
ズイールお馴染みのお腹側の年号入りネーム。

上の画像は子供側のお腹で「98」のネームが入っているから1998年製だね。

Img_1442
親側のお腹には「99」・・・ん!?

こっちが子供かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

そうか、成長と共に親より子供が大きくなったんだな。。。
時々そういう親子いるよね。。。子供の方が大きいっての。

ふむ。

で、これふたつともトレブルフックだね。
しかもスプリットリング付いた状態のトレブルフック。

ズイールってトレブルフックあったんだっけ???

と思って調べてみたら2003年から全てダブルフックに統一されたんだそうだ。
それ以前にはトレブルフックも使われていたとのこと。
ということはこのトレブルフックはオリジナルの状態ってことか。

一瞬「増渕くん、このチューンやるじゃないか!!」って思ったぞ(笑)

というのも・・・
スプリットリング入れてトレブルフックにするチューンは
撮影のときで絶対に釣らなければならない!なんてシーンで使用される
シークレットチューンとして密かに行われているやつなんだよなぁ。
※荒井さんもこっそりとやってるチューン。

これによりバラシがかなり減るからねぇ。

Img_1443
それにしても親子かわいいぞ。

お腹側が黒ってのも実に実践的だし背中が明るいってのも
トップウォーターのルアーとしては視認性も高くかなり実用的なカラーリングだし。
やるな!親子。

可愛いだけじゃないな親子!!

ということで、早速このルアーは使い倒すぜー!ありがとう。

2016年10月17日 (月)

2016年10月度 FROG霞大会

毎月恒例のFROG霞大会も残すところ後2戦。

ラス前の10月大会とあって「ここで優勝せねばいつ優勝する!」って
感じで気合いを入れて参加しがた・・・結果から言えばノーフィッシュ(涙)
なかなか厳しいねぇ・・・11月の最終大会こそは!(来月こそは詐欺?)

で、当日の状況だが集合は5時。
今回もかなりの参加者で初参加の人も結構いたみたい。

開会式終了後、最初のポイントへ移動して日の出とともにスタートフィッシング。

Img_1430
外気温が11度くらい・・・結構寒い。
水を触ってみたところ・・・水も結構冷たい・・・
ここ数日の冷え込みがかなり影響しているみたい。

で、数キャストするとルアーを突くようなバイト!
乗らない・・・。

この季節のバスはキスバイトみたいなのが多いからなかなか乗らないのだが
このバイトのおかげで「寒いけどバスいるんじゃない?」って思いテンションもあがる。

その後、何度もバイトはでるが・・・乗らない・・・
バスのサイズが小さいのかもしくはギルか・・・。

Img_1431
明るくなってから偏光レンズ越しに見ていると・・・
またバイト!!・・・でも明らかに水面に映る魚影はギル!!

「お前かー!!」って心の中で叫びながら今までのバイトがすべてギルだったことを確信する(涙)

その後、大場所へ移動してみたものの水質がかなり悪い。
トーナメントみたいなこともやっていたのでバスボートがひっきりなしにやってきて
水質だけじゃなくポイントの状況もよろしくない。

そこで大場所は早々に引き揚げ、元の小規模水路へ。

釣り仲間が「むらさーん、電信柱の陰に隠れてしゃがみながらキャストして・・・
軽く2~3回動かして放置するとバイトでますよー」とか言うのでやってみると

バイト!

でもギル・・・。

ってかもう霞ヶ浦水系にはギルしかいないんじゃないか?

同じポイントに入った仲間も「ギルばっかりー」ってぼやいてたし。。。

そんなこんなでストップフィッシング。
今回釣って帰ってきたのは25名くらいかな?いつもよりは少なめ。

やはり結構厳しい状況だったなぁ。

Fullsizerender
で、上の画像 ↑

今回の参加賞&アリバイルアーであるガズル100。
ワンピースのキャラクターだそうだが俺にはドクロベエに見えるぞ。

まっ、今回も残念ながらノーフィッシュであったが

「むらさーん、これ持ってないって言ってましたね。プレゼントです」と

Img_1440
ジタバタアライくんを親子で増渕くんからプレゼントされたり。

知る人ぞ知る、FROGルアーのかなりの造形を削り出している天才シェーバー
トムくんから「むらさん、これ使ってみてください。」とトムくん削り出し&塗装の
トムズガスル85をプレゼントされたりと

Fullsizeasrender
実にうれしいプレゼントをいただいた大会でもあった。
こういう仲間たちの気遣い、すごくうれしいなぁ~。

釣れなくても楽しいFROG大会、しかもルアー増える(笑)
まっ、そういう仲間が集まってワイワイガヤガヤやってるのが楽しいのだ。

それにしても今年はクオリティーフィッシュが釣れてないなぁ・・・。
残すところあと1戦、11月の大会では本当の男気を発揮せねば。

2016年9月26日 (月)

2016年9月 JAM-CAP in 三島湖

JAM-CAP、それは選ばれし男だけが参加できる房総半島の頂点を決める戦いである。

まっ、それはまるっきりの嘘なんだけど・・・
「三島湖で浮きましょう!!」ってJAMくんの呼びかけに集まったわけで。
で、総勢5名で盛り上がってきました。

AM:5:00入水。

で、入水直後にコイズミさんが「うわー!釣れたー!うわーうわー!」と・・・
ってかね、俺はまだ浮かんでないからね・・・早すぎる(笑)

Img_1405
朝イチのコイズミさんの釣果に多少びびりつつも・・・俺もスタートフィッシング。

ローライト、湿度も高く雰囲気は悪くない。
完全に満水だったので「これはバス自由気ままに泳いでるんじゃないかなぁ・・・」と思い。
シェード、オーバーハング、オープンウォーター・・・ところ構わずキャスト!キャスト!

ペンシルベイト中心で素早くキャスト&パニックアクション

しかし中々反応がない・・・。

カヤックのJAMくんが「俺釣りましたよー!」と自慢げに駆け抜けていく・・・。

「いかんな・・・こうなったら岩盤エリア行ってみるか・・・」と特に理由もなく思いついたので
えっちらおっちら岩盤エリアへ移動してルアーをねちねち系にチェンジ。

岩盤エリアで風に流されながらキワキワ撃ってたら・・・ん?・・・んん????

俺のフローター横、3メートルくらいのところに岩盤の方向いてデカバスが!
どう見ても軽く50はある感じ、よく見ると俺側、右目が白くなっているバス・・・ふむ。

「こいつ、もしかしたら俺の存在に気が付いてないかも。。。」
「片目悪そうだから・・・音かな?」と思いルアーをドリラータイフーンにチェンジ。

そのまま風に流され続けて10メートルくらい離れたところで
バスが向いている方向の岩盤キワキワにキャスト!!
軽くポーズ入れて2度ほど首ふり・・・バスがルアー側に動いた!!
そのまま知らん顔してただ巻きに入った瞬間・・・

がばぁぁぁぁぁ!!

うわ!狙い通り食った!!

バスは下へもぐり、ぐぐーっとロッドが絞り込まれる・・・
その瞬間、、、「ご、ごりごりごり・・・」っていう感触の後に急にテンションがなくなり・・・。

ぷかぁ・・・「ただ今帰りましたぁ~」とドリラータイフーン生還・・・ふむ。

たぶん掛りどころ悪くて身切れした感じ・・・無念。

カヤックですいーっと通りかかったJAMくんに
「かなりでかいのばらした・・・」と報告・・・。

気を取り直してワンドへ移動してルアーをFROGガズルにチェンジ。
「おっ!なんかこのワンドは魚臭いぞ!!」 と思い
オーバーハング、ごにょごにょしたところを中心にキャスト。
きれいにオーバーハングの最奥にキャストが決まったタイミングで
俺の後ろで「がぼっ!」と魚の捕食音!!

「ん?後ろ側にいるのか?」と振り返って後ろを見ていたら
いきなりロッドが!?

「あれぇ?バスかかってるじゃん!!」ってことで1匹キャッチ。

これが噂の殺気ゼロ釣法か。。。
バイトシーン全く見てなかったし。。。

で、さくっとサイズ図ると27センチ。
「伝説のミヤサイズではないか・・・」とぶつぶつ言いながら
証拠の撮影をしようとするとバス跳ねる!!むちゃくちゃ跳ねる!!

元気が良すぎて撮影がままならんではないか・・・

Fullsizerender
メジャーあてて、バスおいて撮影しようとするとバス跳ねる・・・

メジャーあてて、バスおいて撮影しようとするとバス跳ねる・・・

メジャーあてて、バスおいて撮影しようとするとバス跳ねる・・・

メジャーあてて、バスおいて撮影しようとするとバス跳ねる・・・

メジャーあてて、バスおいて撮影しようとするとバス跳ねる・・・

いったい何度繰り返したことか・・・(汗)

Img_1407
で、やっと撮影成功。

ここまで撮影に困難を極めたバス初めてだ(笑)

その後はストップフィッシングまで何事もなく・・・
手持ちのルアーをとっかえひっかえしながらルアーのアクションチェックしたり
木にぶら下がってるライン回収したり・・・。

コイの群れを発見したのでとりあえずルアー投げてみたり・・・(笑)

で、終わってみれば3位ですよ!!3位!!

もう房総半島3位って言ってもいいんじゃないかな(違)

で、3位の景品がこちら ↓

Fullsizqwerender
何故かダイワのTDミノーが入っているが・・・
JAMくんが拾ったらしい。

後は、レコードのルアーと(名前知らない)
FROGのバブルダブルJAMチューン。

その後、帰りにみんなでラーメン食べてうだうだ話して解散。

久しぶりのフローター釣行、気心の知れた仲間たち。
実に楽しかったぜ。

主催のJAMくんお疲れ様でした、またやろうな♪

 

 

2016年9月20日 (火)

2016年9月度 FROG霞大会

毎月恒例のFROG霞大会

三連休の真ん中での開催ではあるが9月という比較的釣りやすいタイミング、
そして時々小雨の降るローライトコンディションとなれば気合入るでしょ!

今回俺のテーマは「デカバスを狙って釣る」なので
ポイントも完全に絞り込み、同一エリアで粘る作戦。
デカバスの回遊待ち作戦なのである。。。

ところが・・・小さいバイトは出るものの、どうやら俺が狙うサイズのバスがこない。

「これはしかたないな・・・ルアー小さくするか」とガンディーニからコアファイターに変更。
丹念に探っていると「じょぼ!」って感じのバイトは出るが・・・やはり乗らない。

水路にそって流していると秋山君とサダちゃん登場。

サダちゃんが「むらさん!ここでぜひ釣ってください!!」とプレッシャーをかけてくる。。。

 「噂によるとサダちゃんいると釣れないとかあるんじゃないの?」なんて
会話をしながらサダちゃんをいじっていたら、いつの間にかサダちゃんいなくなってた(笑)

水路の一角、ゴニョゴニョしたところにコアファイターをキャスト!
5秒ほどポーズを入れたあと小さくワンアクション・・・

「すぅー」とルアーが水面に消し込んだ!!

こんな感じの時はデカバスが多い・・・慎重に瞬時に軽く効き合わせ・・・

「ふわぁー」とルアー浮いてきた・・・(涙)

「今のなんやったんやろ?・・・」と思いながらルアー回収。

ん????なんかフックに付いてる・・・????

小さな葉っぱでも拾ったかな?と思い・・・ん???

サカナ?????

老眼で全く見えん!!(涙)

眼鏡を外してじっくり見るとサカナっぽい・・・「タナゴかな?」
「いやまてよ・・・これタナゴじゃないな・・・バス???ギル????」

傍に秋山君がいたので魚を見せながら「これ・・・ギルかな?」と。

Img_1379
「あーこれはギルですねぇ・・・バスだったら大会記録ですね!!」と。

なんと2センチくらいのギルがコアファイターにフックアップ!!
しかもちゃんと口に掛ってるからねぇ・・・。

俺の釣り人生での最小魚を記録!

まさかこんな小さな魚が釣れるとは思ってなかったので地味にうれしい(笑)

その後は全く反応がなく
途中ぶーちゃんが7センチのバス釣り上げて「むらさいずー!!」とか
盛り上がってみたり、長野からやってきた3人組と談笑したりで終了。

結局、極小ギルだけで終わったけどまっ、楽しんだからよかろう。

釣って帰ってきたのは30名超。
中には複数匹釣ってきた人もいたので条件は悪くなかった様子。

でも俺には釣れないんだよなぁ・・・(沈)

Fullsizeasrender
で、上の画像が今回の参加賞&アリバイルアー。

アトミックボムなんだがこれは何カラー???

今年はワンピースシリーズらしいがワンピース全く見てないから
全然わからん・・・

Fullsizerender
↑これは「バス以外の魚釣れたで賞」でもらったメジャーストラップ。

ってかね、ストラップ用パーツないと使えないからね・・・(汗)

という事でFROG大会も残すところ2戦。
次こそはちゃんと釣らないとなぁ・・・。

^( ̄▽ ̄;)^ぱたぱたぱたぁ~

 

2016年9月 2日 (金)

FROG SKIMMER CORE FIGHTER (フロッグ:スキマー コアファイター)

FROG SKIMMER CORE FIGHTER (フロッグ:スキマー コアファイター)

俺が「メッキの時代」を宣言してからそろそろ2年が経とうとしている。

メッキの時代幕開けはインジャンジョーから始まった。
何やっても釣れない状況、真昼間のドピーカンコンディションの中で
メッキのインジャンは確実に魚を連れてきてくれていた。

そんな話をFROG荒井さんにしたところ
「むらさん、確かにメッキカラーって最後の最後、強いです!!」
「でしょ?俺メッキインジャンに何度も助けられてるもん」
「ただメッキカラーってあんまり人気ないんですよね・・・」
「メッキの時代が来たー!って言ってみたら何とかなるんじゃない?」
「ですかねぇ・・・(笑)」
「とりあえず俺が宣言してみるから(笑)」

これが後に「メッキの時代宣言」と呼ばれるトップウォーターの歴史を
大きく変化させた出来事の裏話である。。。

酔っぱらった大人二人のたわごとから始まったのである・・・(笑)

Fullsizearender
ガズルオリジナルと双璧をなす困ったときの切り札ルアーコアファイターである!

その困ったときのコアファイターと最後の砦メッキカラーの合体!!
これで釣れなきゃどうする?ってレベルの最強タッグなのだ。

この組み合わせのルアーを使えば我々がメッキの時代を宣言したことを
実感してくれるんじゃないかと・・・。
それほど掛け値なしにこれは釣れるのだ、ってか釣れているのだ。

FROGファンは既に荒井さんの釣行動画とかでこのルアーのすごさを見ているんじゃないかな?
たぶん持っている人も多いと思うので自分自身で実感している人も多いと思う。

Fullsizereasnder
コアファイターのすごさは我々が使用するタイプのベイトタックルでも
ストレスなくキャストできるし適当に動かしていても魅力的なアクションが出しやすい。

それにメッキですよ。

間違いなくメッキの時代ファイナルウエポン!!最終兵器!!

既に量産されているし定期的に発売されているので
持ってない方は是非手に入れてメッキの時代を感じて欲しいものである。

^( ̄▽ ̄)^ぱたぱたぱたぁ~

2016年8月31日 (水)

FROG Mouse‐Bait 80 INJECTION(フロッグ:マウスベイト インジェクション)

FROG Mouse‐Bait 80 INJECTION(フロッグ:マウスベイト インジェクション)

FROGを有名ブランドに押し上げたルアーのひとつ、それがマウスベイト。
インジェクション化されたことに今まで以上に精力的に発売され
多くのひとの手に渡るようになっていると思うが中には特殊なカラーリングのやつがある。

Fullsizsaaerender
人造人間キカイダー!!

石森プロ東映公認!!公認!!公認!!

なんて堂々とした響きだ「公認」(笑)

以前にこれと同じカラーリングを施されたクレイジーウォブラーを紹介した事がある。
※もちろん以前に紹介したやつも「公認カラー」

もともとFROGは様々なキャラクターをモチーフとしたカラーリングを出していた。
あくまで「オマージュ」という感じで・・・(笑)

FROGの歴史を鑑みると「公認カラー・・・ここまで来たか」と
しみじみ思うのである。

Fullsizerendsser
ルアーのアクションとか特性については今まで散々書いてきたから
今回は書かないが、こいつは「ノンラトル」バージョン。

静かなマウスベイトなのである。

インジェクション化されたマウスベイトには
ノンラトル、ジャラジャララトル、コトコトラトルとバージョンがあるのだが
そこは好みで使い分けを。

Fullsizewsrender
俺はカエルイメージの時はジャラジャララトル
※動かし方によって「げこげこ」とまるでカエルの鳴き声のような音がする。

ちょっとバス散ってるかな?って時は安定のコトコトラトル
※低音の響きがなんか効く気がするし。。。

ちょいタフコンディション?って時はノンラトル
※なんか静かな方が繊細な感じするし・・・。

って使い分けが多いかな?

Fullsizereasnder

それにしてもブラックバスという魚は優しい魚である。
こんなおもちゃみたいなカラーリングでも釣れるんだよなぁ。

ルアーアクションがうんたらかんたら、とかカラーリングがうんたらかんたらとか・・・
なんやかんやうんちくの多い世界ではあるがバスはどんなルアーにてもアタックしてくる。
実に優しい魚なのである。

たぶん人間の能書き聞いて「なに難しいこと考えてるねん(笑)」ってバスは思って
付き合ってくれているんだろうなぁ。

^( ̄▽ ̄)^ぱたぱたぱたぁ~

 

2016年8月29日 (月)

FROG CRAZY WOBBLER LIVE (フロッグ:クレイジーウォブラーライブ)

FROG CRAZY WOBBLER LIVE (フロッグ:クレイジーウォブラーライブ)

俺の名は 俺の名は ハカイダー
つぶせ こわせ 破壊せよ!
胸の回路に 指令が走る
俺の 俺の使命 俺の宿命
キカイダーを 破壊せよ! 破壊せよ!

俺の名は 俺の名は ハカイダー
つぶせ こわせ 破壊せよ!
黒い体に 光が走る
俺の 俺の兄貴 俺の親父
キカイダーを 破壊せよ! 破壊せよ!

俺の名は 俺の名は ハカイダー
つぶせ こわせ 破壊せよ!
右手のガンに 炎が走る
俺の 俺の標的 俺の宿敵
キカイダーを 破壊せよ! 破壊せよ!

Img_1303
もう何もかも破壊ですよ。
いや何もかもじゃなくてキカイダーを破壊ですよ。

キカイダーを破壊することだけが全て。
ハカイダーの存在意義そのものなんだよな。

Img_1305
しかもハカイダーのキャッチコピーは
正義も悪もいらないぜ!!「俺の名前はハカイダー!!」って
まるで「天上天下唯我独尊」をそのまま体現するかのようなキャッチコピー!!

かっこいいぜ!!

正義とか悪とかの概念じゃないんだよね・・・キカイダーを破壊!!
もうそれが全てなのだ・・すげーぞハカイダー!!

Img_1304
もうこうなってくるとバスが釣れる釣れないなんかどうでもいいね。

ハカイダーの信念にあやかりキャストしまくるのが正解だね、このルアーは。

^( ̄▽ ̄)^ぱたぱたぱたぁ~